奨学金の裏技に潜む危険性とは?そのやり方、一生借金地獄ですよ!

稼げないママ友に教えよう!

こんにちは、永田です。

ご存知の方も多いと思いますが、つい先日、奨学金に関する報道がありましたね。

その名も、

奨学金を合法的に返済しない裏技

・・・だって。

[Yahooニュース]奨学金返済、逃れ続ける裏技

今回は、奨学金の裏技に潜む危険性をお伝えします。

主婦の皆さんは絶対に真似しないように注意です!

奨学金返済の裏技って何?

今回報道されていた内容は、合法的に奨学金返済を免れる方法でしたが、正直な感想を言えば、「バカじゃないの?」と思いました。

ネットで話題になっている裏技の手段はこうです。

・学校を卒業すれば奨学金返済が始まる
・でも返したくない(もしくは返せない)
・学費が安い通信制大学等に籍だけ置く
・あえて単位を取得せずに留年し続ける
・そうすることで在学猶予を受けられる

つまり、本来行く必要のない通信制大学に進学したと見せかけて、在学猶予という制度を巧みに利用した技らしいのです。

在学猶予とは?

日本学生支援機構の独自制度の中に、

在学猶予という制度があります。

簡単に言うと、大学や専門学校等を卒業後、例えば大学院等に進学する場合は、その在学期間中に限り返済を猶予しますよ。という制度です。

悪知恵を持った一部の人たちが、この在学猶予制度を巧みに利用し、それがネットで広まったことで報道されてしまいました。

でも、ぶっちゃけ時間の無駄ですからご注意を。

通信制大学の費用はいくらなの?

奨学金を返したくない(返せない)がために、悪い人たちが利用する通信制大学ですが、それにもちゃんと授業料は必要です。

大学によって差があるのですが、一番安い通信制大学で年間17万円ほど。

もちろん悪い人たちは、在学猶予のために進学するのですから、授業を受ける気なんて全くありません。

むしろ、単位を取っちゃうと卒業する危険がありますので、単位なんて一切取りません。

中には通信制大学にずーっと籍を置く人もいるらしく、例えば10年間在籍すれば払うべき授業料は170万円。

そんな金があるなら返せば?と思いますし、奨学金の返済義務が帳消しになるわけではないので、返済を始めるのが遅ければ遅いほど、返済終了が遅くなります。

予定では40歳前後で返済終了なのに、馬鹿げた裏技のせいで、返済終了が70歳まで伸びてしまった話は少なくありません。

それにここまで話題になってしまいましたので、日本奨学金支援機構のさじ加減次第では、在学猶予制度もなくなるかもしれませんんね。

他にもあった「アンビリーバボ」な奨学金の裏技

もうね、ネット上には「これでもか!」ってくらい仰天情報が散乱しています。

中には、

自己破産しよう!

なんて裏技もありました・・・

自己破産なんてしたら人生終了です。

一生、苦労します。

子供の進学に必要なお金も借りれませんし、場合によっては、旦那や親族まで影響します。

自己破産なんて生きている限りは厳禁です。

奨学金を返せないと思うから悩むんです

人はお金で困った時、必ず2つの方法を思いつきます。

1つは、節約すること。

節約は悪いことではないのですが、入ってくる収入(給料)は一定ですから、生活の質は改善されません。

2つ目は、今回のように「先延ばし」です。

例えば、奨学金(借金)や各種の支払い期限に間に合わない場合、9割以上の人が思いつく手段が「延滞」や「猶予」ですよね。

あくまでも「延滞・先延ばし」ですから、支払い義務が消えたわけではありません。

節約や先延ばしは無駄です

99%の人が思い浮かばないこと。

それは何だと思いますか?

お金を作ることです。

こんなにも簡単に在宅ワークで稼げる時代に、99%の人はアナログ的な思考回路しかありません。

・パートに出る
・猶予申請する
・減額申請する
・バカげた裏技を使う

これらは全てアナログです。

奨学金の猶予申請や減額申請をするくらいなら、

さっさとお金を作って解放された方がよっぽど楽です。

少なくとも私はそれができましたし、私のママ友たちの中にもたくさんいます。

でも多くの主婦が口を揃えて言うのは、これ。

・ネットビジネスなんて胡散臭い
・怪しいからやりたくない
・パソコンに詳しくない
・失敗したらどうなるんだろう

本当にみんな口を揃えて言いますよね。

特に、お世辞にもお金を持っていないであろう人ほど消極的なことしか考えられないようです。

世の中を動かしているのはネットビジネスやITです。

怪しいと思うなら全ての通販業界は既に消滅している。

パソコンなんて私はローマ字すら分かりませんでした。

そもそもアフィリエイトは元手資金不要ですし、売れ残るような在庫を抱える心配がないんですから。

奨学金返済なんてアフィリエイトがあれば楽勝。

返済で悩む暇があれば一刻も早く稼ぐべき。

少なくとも奨学金を一括返済できた私はそう思っています。

では、また!

■合わせて読みたい記事